冷え性の改善におすすめのサプリを厳選して比較・紹介します

当サイトでは、冷え性の方におすすめのサプリメントを紹介しています。

  • 手足の末端の冷えでいつも冷たい
  • 顔色が悪いと言われることが多い
  • 冬もだけど、夏場の冷房も本当に辛い

こんな悩みはありませんか?

実は私もずっと冷え性に悩み、さまざまなことを試して改善しようと頑張っている時期がありました。

靴下を重ねたり、家にいるときはレッグウォーマーをしたり、お風呂にゆっくり浸かったり・・・

でもなかなか改善できずに、「これは体の中から変えていこう」とたどり着いたのが、冷え性におすすめの栄養素が入ったサプリメントでした。

このページでは、そんな私の冷え性対策の経験から、おすすめのサプリを比較してご紹介しています。

  • 体の冷えでなかなか寝付けない
  • いつも体が重くどんよりしてる
  • いろいろ試したけど効果を感じない

こんな人は、参考にしていただけたらと思います。

そもそも冷え性になる原因は?

冷え性には、さまざまな原因があると言われています。

・血液の流れが悪く、熱が血流で運ばれにくくなっている

・体に余計な水分が溜まり冷えている

・ストレスや疲労で自律神経のバランスが崩れ、血管が収縮している

・そもそも熱を作り出せない

これらですね。

血液の流れが悪くなっているのは、食べ過ぎや脂っこい食事を、自分の消化能力以上食べていることが多いです。

しっかり消化しきれないので、残りが血液の中に老廃物として流れ込んでしまうんですね。

(いわゆるドロドロってやつです)

また、ストレスが多いと、いつも血管がキュッとなっているので流れが悪くなります。

体に余計な水分を抱えている冷えは、圧倒的に女性が多いです。

雑誌に出てくるモデルさんの真似をして、絶えず水を飲んでいる女性は注意が必要。

人間の体には水分が必要ですが、水道管のように真っ直ぐに作られていないので、「水分をたくさん摂って良くないものを流す」ことはできません。

特に運動をして汗をかく習慣がないなら、水をガブガブ飲んでいないか見直してみてください。

お腹がぽちゃぽちゃしてヒンヤリ冷たいなら、水分を摂り過ぎている可能性が高いです。

そもそも熱を作り出せない人は、運動習慣がなく筋肉が少ない人が多いんですね。

いずれの場合も、冷え性を自覚してなにかサプリメントを探しているなら、

  • 熱を作り出す
  • 作り出した熱を運びやすくする

こんな栄養素が必要ですから、これらに注目して選んでくださいね。

冷え性に効果的な栄養素

しょうが

「しょうがは体を温める」と知っている人も多いと思います。

冷え性は未病と位置づけている東洋医学の世界でも、漢方薬の7割にはしょうが使われています。

とても身近でどこにでも売っていますが、実は薬膳なんですよね。

しょうがの中にはジンゲロールとショウガオールと言う成分があり、この二つが冷え性の対策に役立ちます。

 ジンゲロール・・・生の生姜に含まれる成分。体の中にある熱をすみずみまで運ぶ働きがある

ショウガオール・・・ジンゲロールを加熱したり乾燥させることで生まれる成分。体の中に熱を作り出す働きがあり、その効果が長時間続く

特に、冷え性の体質を改善していくなら、体の中で熱が生まれることが大切です(熱がなければジンゲロールも運べないので)

なので、冷え性のサプリメントを選ぶときは、ショウガオールが含まれているものがおすすめです。

ちなみにショウガオールは、しょうがを蒸したり焼いたり、乾燥させることで、自分でも作ることが可能です。

ただ、私も挑戦しましたが、かなり面倒でやめました(T▽T)

そう考えると、やっぱりサプリが手軽でいいですね。

クラチャイダム

しょうがを濃い紫色にしたような感じなので、黒しょうがと呼ばれることもあります。

クラチャイダムを知っている人は、滋養強壮や精力アップのイメージが強いと思いますが、クラチャイダム自体に体温アップに貢献してくれる働きがあります。

男性で冷え性の自覚がある人は、このクラチャイダムも入ったサプリだと、元気倍増で一石二鳥かもしれません。

ヒハツ

ヒハツと言う名前を聞いたことがない人もまだまだいますが、胡椒に似た香辛料の一つで、スーパーでも調味料のコーナーで売られています。

血管を広げる働きがあるため、体温アップに貢献してくれます。

カプサイシン

カプサイシンと言えば赤唐辛子ですよね。

赤唐辛子が入った辛いものを食べて体が熱くなり、汗をかいた経験をした人も多いと思います。

これはヒハツと同じく血管を広げる働きがあるためです。

ただ、その働きは瞬間的なので、カプサイシンだけでは長期的な冷え性改善には繋がりません。

必ずしょうがなどと一緒に摂ったほうがいいです。

ヘスペリジン

「ヘスペリジン」と聞いて、あ~と思い浮かぶ人はまだまだ少ないと思います。

毛細血管を強くしてくれるため、体のすみずみまで血液が流れやすくなります。

特に末端冷え性の人には、注目したい成分ですね。

みかんに含まれますが、青いみかんほど多いこと、実より皮や白い筋に多く含まれていることから、みかんそのものからは摂りにくいので、サプリが適していると思います。

冷え性を改善したい!サプリのおすすめ一覧

上記で紹介した、ショウガオールを始めとした冷え性の人に嬉しい成分が入った、サプリメントをご紹介します。

金時ショウガ・ヒハツ・クラチャイダム

ショウガオールとジンゲロールをバランスよく含んだ金時生姜と、香辛料の一つヒハツ、黒しょうがとも呼ばれるクラチャイダムを配合した、サプリメントです。

メラメラ系なので、いらないものを抱え込んでしまったかも・・という人に役立ちます。

定価 3258円
定期コース 2895円
送料 無料
返金保証 なし
備考 サプリメントケースプレゼント

⇒ 「金時ショウガ+ヒハツ+クラチャイダム」公式サイトへ

金時生姜の恵み

金時生姜の恵

金時生姜、唐辛子成分のカプサイシン、血液のめぐりを支えるヘスペリジンが配合されたサプリメントです。

初回980円ととてもリーズナブルですが、定期縛りがないですし返金保証もあるので、気軽に試せますね。

定価 4680円
定期コース 初回980円・2回目以降20%OFF
送料 無料
返金保証 30日返金保証
備考 定期しばりなし

⇒ 金時生姜の恵公式サイトへ

ひえとりん

ひえとりん

蒸ししょうが、カプサイシン、黒胡椒、桂皮など和漢植物をバランスよく配合したサプリメントです。

定価 4200円
定期コース 2880円・2回目以降18%OFF
送料 無料
返金保証 10日間返金保証
備考

⇒ ひえとりん 公式サイトへ

冷え性サプリは男性にこそおすすめ!

冷え性と聞くと「女性特有のもの」と思われがちですが、実は男性にも自覚のない隠れ冷え性の人が増えています。

男性の場合、体の不調を抱えていても、それが冷えから来ているとはどうしても結びつかないんです。

また、仕事上の付き合いも多く、食生活がそのまま体の冷えに繋がっていることも少なくありません。

かと言って、お付き合いを断るのも難しいですよね。

また、独身の男性なら、帰宅してから野菜たっぷりのバランスの良い食事を用意するのは、毎日になるとなかなか難しいことです。

そんな時にこそ、サプリメントの出番です。

サプリメントは食品なので、体の不調をすぐに変化させることは難しいですが、そのままの生活を続けていても、冷えがなくなるわけじゃありません。

まずはサプリで手軽に、体の冷えや調節に必要な栄養素を摂り、中から改善をはかるのがよいのではないかと思います。

どんなに忙しい人でも、サプリメントなら続けやすいですからね。

冷え性サプリの効果を最大限に感じるには

サプリメントは薬と違い、今ある不調をすぐにどうこうするものではありません。

ただ、体を温めるのに必要な栄養素はバッチリ摂れるので、その効果を最大限に生かすためにも、以下のことに気をつけてみてください。

水分の摂り過ぎに注意!

特に冷たいものは物理的に体を冷やしますし、運動もせず水分ばかり摂っていると、それだけで健康を損なう人もいます。

仕事中など室内で水分を摂るときは、温かいものか常温のものにしてください。

手に入れやすいものでは、紅茶、ほうじ茶、白湯などが体を温めてくれます。

逆にコーヒー、緑茶は体を冷やしますので、暖かくてもほどほどに。

甘いものは食べ過ぎない

市販の甘いお菓子やスイーツに使われている白砂糖は、体を冷やします。

禁止するとストレスが溜まるので、今までより控えるところから始めてみてください。

仕事中に糖分が欲しくなったときは、黒砂糖の塊や黒飴が、体を冷やさないので良いですよ。

運動をして筋肉をつける

普段から運動をしている人は、ある程度の筋肉はついていると思います。

ただ、冷え性の人は運動していない人が多く、筋肉量が少なめ。

筋肉は熱を生み出しますので、冷え性と自覚が有るなら、筋肉をつけることを考えてみてください。

特に、下半身に大きい筋肉があるので、スクワット、階段の上り下りなどが効果的。

ウォーキングも良いですが、筋肉への負荷が少なめです。

禁煙

冷え性の人で最も取り組むのが難しいのが、禁煙だと思います。

他のことはがんばれても、タバコだけはやめられない人も多いですよね。

でもタバコは吸うたびに血管が収縮し、血液の流れが悪くなります。

お金を払って、冷え性を悪化させたり、努力を無駄にしていることになりますので、本気で改善したいなら考えてみてくださいね。

なるべく湯船に浸かる

一人暮らしのユニットバスだととても難しいですが、浸かれるのであれば全身を温めるのには、お風呂がおすすめです。

普段は難しくても、週末だけでもチャレンジしてみたり、銭湯へ行くのも良いですね。

私は自宅のユニットバスが壊滅的な狭さだったので、銭湯へ行ったり、洗面器にお湯を入れて足や手だけつけたりもしていました。

湯船に浸かれるなら、ぬるめにしてゆっくり入るのが良いですよ。

副交感神経が優位になり、リラックスして血管も緩みます。

特にストレスを感じやすい人は、意識的にお風呂を活用してみてください。

以上、冷え性体質の人におすすめサプリメントとの紹介と対策情報でした。

冷え性には特効薬はありませんし、一度なると改善までには時間がかかるとも言われます。

私自身、最初に変化を感じたのはサプリを1カ月続けた後でした。

「そう言えば寒さを感じてないかも?」位のレベルです。

そしてそのレベルが少しずつ上がっていく感じです。

そう考えると、最低でも1ヶ月、できれば3ヶ月は続けてみることをおすすめします。

いつもポカポカが元気な体が手に入りますように!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする