シミは紫外線だけじゃない!3つの予防策で白い肌に

シミを防ぐには紫外線に気をつけなくてはいけません。

よく言われることですよね。

・毎日丁寧に日焼け止めを塗って

・サングラスもして目を守って

・でもシミは増えていく

こんな経験はないですか?

実は、シミは紫外線を防ぐだけでは不十分なんです。

シミはからだの中から出てくるものが、関係しています。

だから、

毎日日焼け止めを塗っているのにシミが出てきた・・・

ということが起こるんですね。

20代以上の女性の肌の悩みで、常に1位を獲得しているのは、全て「シミの悩み」です。

それだけ、シミは女性にとて嫌なものなんですね。

「シミのない透明感のある白い肌」

こんな全ての女性の願いを叶えるために、日焼け止めではできない、とっておきのシミ予防の方法をご紹介します。

シミができる原因は体の冷え

紫外線をちゃんとブロックしているのに、シミになった。

そんな人は、体の血行が悪くなってないか、見直してみてください。

体が冷えていると、血液の流れも悪くなります。

流れの悪くなった血液は、いらなくなったからだの老廃物を出す力が弱くなります。

その結果老廃物は、内臓が出そう出そうとして皮膚に沈着することに・・・

そしてシミとなって現れるのです。

肌の老廃物には「活性酸素」も含まれます。

この活性酸素は体の老化を早めてしまうため、体は一生懸命活性酸素を取り除こうとします。

その役割を担うのがメラニン色素なんです。

老廃物を貯めれば貯めるほど、メラニン色素も活発になるのです。

紫外線を防いでいるのに、別の場所でメラニンが増えてしまうなんで悲しいですよね。

だから、活性酸素を含んだ老廃物 をとにかく出す ことが重要。

それには体を温めて、老廃物の流れをスムーズにするのが何より大切です。

特に以下の人は、体温が下がり、シミを作りやすいですよ。

・運動はしない

・シャワーだけで済ませる

・よく食べよく飲む

・ストレスがある

運動はしない

運動は体温を上げ、汗をかき老廃物を出すことができます。

また、定期的に運動をしている人は、筋肉があり、筋肉は熱を作るので、体が冷えにくいのです。

20代の若い女性は「低体温(平熱が3.65より下)」の人が多いです。

そして、その多くは運動不足による筋力低下が、大きく関わっていると言われます。

ジムに通ったり、毎日走ったりする必要はありません。

簡単な運動を続けるだけで、綺麗な肌も生まれます。

参考:体を芯から温める5つの運動|簡単なのに中からポカポカ

シャワーだけで済ませる

特に夏の暑い日は、さっとシャワーで済ませたくなりますよね。

でも現代はどこでも空調が効いていて、体は冷えていることのほうが多いのです。

気温が高いので、気づかずに自分でも知らないうちに体が冷えていた、なんてことはよくあります。

毎日は無理でも、週に何回かは湯船にゆっくり浸かり、体温をあげて血の巡りを良くしてあげましょう。

参考:効率的に体温を上げる3つの入浴法|低体温にサヨナラ

よく食べよく飲む

飲みすぎ、食べ過ぎは、一見冷えともシミとも関係ない気がしますが、実は関係します。

水分を多く摂る人は、体に水が溜まり冷えやすくなります。

また、食べ過ぎは、体が全部の食べ物を処理できずに、老廃物として残り、その結果血液の流れが悪くなります。

どうせ食べるなら、排出効果の高いものを取るといいですよ!

参考:老廃物を出す食べ物一覧|毎日の食事で体の中をキレイに

ストレスがある

ストレスもシミの原因となります。

ストレスがたまると、

・自律神経が乱れる

・交感神経が緊張する

ということが起こり、活性酸素が増えてしまいます。

自律神経の乱れや交感神経の緊張は、体を温めることで緩和されます。

「今日はなんだか嫌な一日だった」

そんなときは、体を温めることを意識してみてください。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

冷えがシミの原因を作るなんて、盲点ですよね。

今後のシミ対策としては、

・紫外線防止

・血液の流れを良くする

・ストレスの緩和

この3つを大切にしていれば、大丈夫です。

シミはできてしまうとすぐには消えません。

上記の3つを意識して、ケアを続けてみてください。

きっと、理想の綺麗な肌が手に入りますよ。

体を温めたことで、

「内蔵の働きが良くなりシミがなくなった」

っていう人はたくさんいます。

ぜひ諦めずに、体を温める生活を継続してくださいね。