【驚愕】低体温の危険性は半端ない!病気になる確率はどれくらい?

最近の日本人は、体温がどんどん低くなっています。

子供も大人も、平熱が36度から下の35度台という人がずいぶん増えています。

中には平熱が34度台なんていう人もいるのです。

普段、基礎体温をつけている人以外は、なかなか熱を測る事もないですよね。

風邪をひいて熱が出た時以外は測らないから、自分が低体温だと気づいていない人も多いのです。

体の体温が35.5度になるとこんな危険が

体の体温が35.5度になるとは、

・排泄機能が低下する

・アレルギー症状が出る

・自律神経失調症を起こしやすくなる

そんな体温なんです。

排泄機能が低下すれば便秘になったり、尿が出にくくなりむくみにもつながります。

アレルギー症状が出れば、アトピー性皮膚炎などを発症します。

また自律神経は「内臓の働き・ホルモンの分泌」などをコントロールしている場所なので、ここが乱れると、体に様々な不調が現れます。

これだけでも低体温はかなり健康に影響していますね。

でも、更に下がるともっと危険です。

スポンサードリンク

35度はがん細胞が最も元気になります

35度になるとガン細胞が最も活発化する温度です。

ガンになる人は、体温が低い人が多いのです。

低体温がいかに危険性が高いか、お分かりいただけると思います。

特に痛みを伴う症状は、全て低体温が原因になっている場合が多いんですよ。

生理痛、PMS(月経前症候群)、頭痛などは

体が冷えている人ほど、症状があります。

体温が高い人は、これらの症状はすごく軽いかありません。

ちなみに私は、体温を上げる生活をしだしてから、生理痛も頭痛もありません。

PMSも全然ないので、トイレに行くまで生理になったことを気づかないほどです。

これらの症状に悩んでいる人は、ぜひ体温の上げる生活に切り替えてみてください。

平熱が何度なら「低体温」じゃないのか?

実は、医学書によると、日本人の平均体温は36.5度です。

私も以前は36.0度だったので、低体温とは思ってなかったです。

でも体を温めることで、体温が上がり、体調がとても良くなりました。

東洋医学の世界では「冷え」は本格的な病気になる、少し手前の段階と言われています。

体温が1度下がるだけで、免疫力は37%も下がるので、低体温は本当に一歩手前の状態ですね。

すでに、ウイルスや細菌に弱い体になっていますので、十分注意が必要です。

午前10時に測った体温があなたの平熱になるので、ぜひその時間に測ってみてください。

日本人の平均体温より下、特に35度台の人は、かなり健康に注意が必要ですし、病気になる危険性も高いですよ!

平熱が低いのであれば、体温を上げる生活に変えていくことで病気知らず、不調知らずの快適な体に変えてことができます。

もしあなたが低体温で体が冷えているなら、漢方医学では「陰性体質」と言われます。

陰性体質の人は、サラダや果物、パン、ジュースなど体を冷やすものたくさん体内に入れると冷えが進み、病気や不調もどんどん進んできます。

お風呂などで体を温めることも大切ですが、食べ物に気を配ることも大切です。

低体温の危険から脱出するには

低体温を改善するために必要なのは、

・適度な運動で汗をかき、筋肉をつける

・体を温める食べ物を積極的に摂る

・お風呂で物理的に体を温める

この3つです。

上記に書いた

・「体を冷やす食べ物」が大好きだったり

・運動は全くしなかったり

・お風呂はシャワーだけで済ませている

こんな生活を変えると、体も本当に変わってきます。

体を温め、冷えを改善して体温を上げるだけで、健康な体が手に入ります。

以下に改善法に関係のある記事を載せますので、興味があればぜひ見てくださいね。

冷え性体質を改善する食事|陰性食品と陽性食品の見分け方

【簡単】体を芯から温める5つの運動|仕事中も中からポカポカ

【35度台】効率的に体温を上げる3つの入浴法|低体温にサヨナラ