【危険】水分の摂り過ぎで胃痛が起きた|すぐに解消する5つのポイント

バックの中にいつもペットボトルが入っていませんか?

「血液をサラサラにするためには水分をしっかり摂りましょう」

よく言われますよね。

いまは至るところに自動販売機があり、コンビニでいつでも冷たい飲み物が買えます。

「常にペットボトルを持ち歩いている」、という人も多いでしょう。

現代はどこにでも手軽に飲み物が手に入る時代です。

でも水分を取りすぎて、

・胃が痛む、調子が悪くなった

・胃がちゃぽちゃぽしている

・吐き気がすることがある

こんな症状は出ていないでしょうか?

これは明らかに、水分の摂り過ぎです。

水分で胃液が薄くなり、消化機能が低下して調子を崩しています。

しかも、この状態を続けるとかなり危険です。

胃痛だけじゃなく、ほかにも様々な症状が起きる可能性が高いからです。

そうなる前に、正しい水分の摂り方、余分な水分の出し方を知って試してみませんか?

今あなたが抱えている症状は、あっという間に消えるかもしれませんよ!

こんな”水毒”の症状が出ていませんか?

例えば、すでに

めまい、耳鳴り、嘔吐、むくみ、冷え性、お腹がぽっこり、水太り、頭痛、

こんな症状はありませんか?

当てはまる場合、水分の取りすぎによる「水毒」に陥っている状態です。

また水分の摂り過ぎは腎臓の負担になります。

水分を多く摂り過ぎると、腎臓はいつもフル活動で働かなくちゃいけなくなるからです。

その結果、腎臓の働きがにぶり、上手く水分を処理できなくなりむくみが起こります。

体の中を巡る水分は、いつも流れている必要があるのですが、水毒をおこすとその流れが止まります。

たまった水分は、体を冷やす元になるのです。

また、元々冷え性の人が水分を摂りすぎると、水が流れず体に滞り、余計に冷やすこともあります。

冷え性の人は血行が悪く、水分代謝の機能が低下しているのでこのようなことが起こります。

上記のような胃痛をはじめとする症状が既に出ているなら、今すぐ水分の摂り過ぎをやめましょう。

とは言っても、健康のため・美容のため、水分は取るべきものです。

正しい水分の摂り方や、体の冷えを解消するために必要なことを書いていきます。

スポンサードリンク

体を冷やさずに健康的に水分を取る方法

・4回以下は危険!トイレに行く回数を増やす

・汗をかくために運動をする

・入浴で体を温める

・水分は白湯か温かいもので

・体を温める陽性食品を食べる

4回以下は危険!トイレに行く回数を増やす

水毒になりやすい人は、トイレの回数が少ない人が多いです。

なるべく意識して、トイレで水分を出すように心がけましょう。

汗をかくために運動をする

激しい運動じゃなくていいので、ウォーキングなど手軽なものから運動を始めてみてください。

汗によって余分な水分が出るほか、筋肉がつくと、体温も上がりやすくなります。

モデルなど美容に意識の高い人が、水を毎日沢山飲んでいるのは、それなりの運動をしているからです。

デスクワークでほとんど汗をかかないのに、水分だけとっていると、体にはよくありません。

入浴で体を温める

冷え性の人は体温も低いですが、そういう人はシャワーで済ませている人が多いです。

入浴でゆっくり体全体を温めれば、体温もあがりますし、適度に汗もかき水毒を起こしにくくなります。

どうしても時間が取れなくてシャワーになってしまう場合は、シャワーをしっかりと体にかけて温めます。

シャワーで体をしっかり温める方法

①つま先から足の付け根

②左の肩から鎖骨部分に向かって。右も同じく肩から鎖骨に向かって。

③指先から腕全体、脇の下まで。

④胸やお腹は、「の」を書くようにします。

それぞれを往復させ、充分シャワーをかけると、体が温まり、新陳代謝もアップします。

水分は白湯か温かいもので

冷たい飲み物ばかりを飲んでいると、どうしても体が冷えてきます。

暑い季節に喉が渇いても、実はクーラーなどで体は冷えてているので、白湯が良いです。

白湯は体を温めますので、冷え性を自覚している人にはおすすめです。

どうしても白湯が苦手なら、お茶などを常温で。

また、温かい飲み物なら、ほうじ茶や生姜紅茶もおすすめですよ!

関連記事:生姜紅茶の作り方|驚くべき効能と温め効果をアップさせるポイント

体を温める陽性食品を食べる

水毒を起こす人は、冷えている人が多いので、体を温める作用が有る食べ物をしっかり摂って中からも温めましょう。

食べ物には「陰性」「陽性」があり、体に冷えがある人は「陽性食品」を摂ると良いとされています。

参考:冷え性体質を改善する食事|陰性食品と陽性食品の見分け方

まとめ

水の飲みすぎは意外にも、健康にも美容にも悪いです。

水分をたくさん摂ると、「肌の調子がいい」と思っている人が多いですが、それは間違い。

肌をきれいにするのは、血液から送られる酸素や栄養素です。

水分を取りすぎて冷えた体は、血液の流れも悪いので、肌にい影響はありません。

美容のために水を飲むなら、

・冷えた水分を体に入れないこと

・水分を摂った分、しっかり出すこと

・体を冷やさないこと

この3つを心がけてください。

これだけで、胃痛やあなたが抱えている症状が、ぐっと良くなります。