呼吸するだけ?老廃物を楽しく追い出し新陳代謝を上げる3つの息

体の中に余計な老廃物を溜めていると、血液が汚れ、体は不調に陥ります。

老廃物とは、生きていくために吸収したエネルギーの残りものです。

体にとってはいらないものなので、早く捨てないと、血液に混ざり汚れてしまうのです。

「老廃物の排出」と聞くと、おしっこや汗、便などが思い浮かびますが、みなさんはいかがですか?

実はこれらだけじゃなく、呼吸によっても老廃物は出されているんです。

「ただ息をしているだけ」 で、いらないものをしっかり外に出せるなんて私たちの体は優秀ですよね。

代表的なものはお酒のアルコールなどでしょうか。

アルコールは腸で吸収されたあと、血液の中に送り込まれます。

そして、肺へ到達するとそこから呼吸と一緒に外へ出てきます。

アルコールは血液には溶けないので、呼吸と一緒に外へ出さないと、いつまでも体に残ってしまいます。

息をするのも大事な排泄行為の1つなんですね。

普段から老廃物を溜めない生活をするのは、健康でいるためには大切なことです。

だから、折角なので呼吸をしっかりやって、いらないものはどんどん外へ出しちゃいましょう!

普通に息を吸うより、更に呼吸で老廃物をしっかり出せる方法をご紹介します。

老廃物を楽しく追い出す3つの息の出し方

毎日の生活に取り入れやすいものばかりです。

歌ったり喋ったりして出す

これは女性は得意な人が多いので、取り入れやすいですね。

特に大きな声を出すということが良いようです。

横隔膜がしっかり動くことで、胃腸や肝臓の働きが良くなり血行も良くなります。

女子会ではおしゃべりがつきないですし、カラオケが好きな人は、歌いながら楽しんで老廃物を出せちゃいます。

「女子会の2次会はカラオケ」

こんな予定の次の日は、体の調子が上がっているかも?!

いっぱい笑って出す

「笑うことが健康にはとても良い」と聞いたことはないでしょうか?

大声で笑うのは歌うのと一緒で、体が温まり、呼吸の量も増える ので、その結果排出できる老廃物も増えます。

また、笑うことで幸せホルモンと呼ばれる、エンドルフィンが脳内に分泌されます。

このホルモンが出てくると精神的なストレスを解消し、リラックスできるので血液の流れも良くなります。

また脳を活性化したり、免疫を強化する働きも期待できます。

笑うだけなら簡単なので、ぜひ取り入れたいですね。

またエンドルフィンは、楽しいと感じればどんなことをしていても分泌されます。

・大好きな人と一緒にいたり

・美味しいものを食べたり

・大好きな趣味に没頭したり

楽しいと思うことをやっていれば、自然に笑顔になりますもんね。

なんでも心から楽しむことができれば、その結果老廃物の排出にもつながるんですね。

ため息をつくと健康に?!

「ため息をつくと幸せが逃げていく」

とよく言われますね。

でも実際はため息をつくたびに老廃物が出されています。

ため息は自然と深い呼吸になるからです。

そして、新陳代謝も上がります。

ですから、「今日は心身ともに疲れた」そんなときは、しっかりため息をつきましょう。

毎日の生活の中で呼吸にもっと意識を

イライラしたり疲れたり、心配事があるとき、プレッシャーを感じている時などは、呼吸がどうしても浅くなりがちです。

普通の呼吸でも、私たちの肺はおよそ20%くらいしか空気を入れ替えていないと言われています。

すると、出されるはずの老廃物も上手く出ていきません。

老廃物の停滞は血を汚し、血行が悪くなることで、体も冷えます。

体の冷えは「痛み」や「不調」を生み出し、更に心身ともに辛い状態になる悪循環に。

調子の悪い時こそ、「しっかりと深い呼吸」を意識して、余計なものは出していきましょう。

忙しい生活の中でなかなか呼吸を意識できないときは、夜寝る前に布団の上で仰向けになり、ゆっくりと深い呼吸をしてみてください。

副交感神経が優位になり、体もリラックできるのでぐっすりと眠れるようになります。

スポンサードリンク

まとめ

老廃物と聞くと、

「運動してがっつり汗をかいて出すもの」

と私は思っていましたが、意外にも生きて呼吸しているだけで、または人生を楽しんでいるだけで、出せるものなのですね。

溜めといていいことは一つもないので、

「よく笑い、よくしゃべり、ゆっくりため息をつく」

これをぜひ意識して、健康な体を手に入れてくださいね。