冷えとのぼせが同時に起きたら3つの対策ですばやく改善

女性の大敵、「冷え性」

指先をはじめ、体の末端から

氷のように冷たくなるのが特徴です

けれど、「冷え性なのに汗を掻く」

という症状もあるのはご存知ですか?

・手足はカチコチに冷たいのに、顔があつい

・顔がほてって赤くなってしまう

・ぼうっとのぼせたみたいになって、汗を掻いてしまう

実はこれは「冷えのぼせ」と呼ばれる状態なんです。

発汗という症状から、

更年期障害と間違えられやすいのが特徴。

でも、冷えのぼせは年齢からくるものではありません!

このページでは、

・冷えのぼせとは何なのか?

・どうやって対策をとったらいいのか?

についてまとめていきます。

もしあなたが冷えのぼせで悩んでいたり、

更年期障害じゃないの?

と言われてショックを受けていたら、ぜひ読んでください!

改善できれば毎日快適に過ごせますし、

冷え性前提も良くなってきて、

ぽかぽかの毎日を送れるようになります。

冷えのぼせとは「冷え性の悪化版」

冷えのぼせは、手足をはじめとした「冷え」と、

頭部の「のぼせ」が混在した状態のこと。

そのため、「冷え性の症状が軽い版」だと思われがちです。

「まだ顔はあったかいんだけど・・・」って

思ってしまうからですね。

でも、それは大間違い!

むしろ冷えのぼせは、

一般的な冷え性が進行したものなんです。

どうして冷えが進行すると、

頭が熱くなるのか?というと・・・

体の冷えが続くと、

体温を保とうとする本能が危機を察知します。

そして何とか大事な部分を守ろうとします。

人間の体において、手足より頭の方が、

生命活動において重要度が高いのは想像がつきますよね。

つまり、頭は大事な部分なので、

体が本能的に温度を維持しようとして、

その代わりに手足が犠牲になり、

そちらがもっと冷えてしまいます。

また、冷えのぼせのある人は、

下半身が冷えていることが多く、

行き場のなくなった熱が、

頭に登ってくるということもあります。

主にこの二つが原因と考えられ、

結果、温度差が開く、というわけなのです。

スポンサードリンク

冷えのぼせは、冷え性とどこが違うの?

では、冷えのぼせは

「冷え性+顔が熱くなる」

というだけの症状なのでしょうか?

実は普通の冷え性と違い、

気分に関する症状が多いと言われています。

・精神的に不安になる

・ドキドキする

・イライラする

これらの症状が生じるのは、

体の調子が狂い、自律神経が乱れているから。

また、

・眠れない

・寝つきが悪い

・寝た気がしない

など、睡眠に関する悩みも多いのが特徴です。

これは頭が熱いと交感神経が興奮したままになり、

スムーズな眠りのために必要な副交感神経が、

働けなくなるからです。

冷えのぼせの対策は、普通の冷え性とは違う

冷えのぼせの人はのぼせやすいので、

普通の冷え性と同じように

体を温めようとしても難しいんですよね。

お風呂に長く入れなかったり、

寝る時に厚着できなかったり・・・。

手足はこんなに冷たいのに!

とジレンマを感じてしまいます。

そこで、「冷えのぼせの人はどうすればいいか」についてまとめていきます!

体全体を温めるのは避ける

長くお風呂に浸かること、

ひたすら服を着こむことは避けましょう。

普通の冷え性ならいいのですが、

冷えのぼせの人は顔の紅潮・発汗を悪化させてしまいます。

お風呂に入るときは半身浴にして、

下半身のみをしっかり温め、

最後に体全体をさっと温めるのが効果的です。

また、手足やおなかなど、

冷えやすくのぼせにくい部分だけを

効率的に温めるのも大切です。

もし夜寝ているときに靴下を履くのが不快だという場合、

足先ではなく足首を温めるというのもアリですよ。

穴があいた靴下などの先を切り、

足首に巻いて寝てみてください。

小さなことですが、とても効果がります。

首を温めるのが効果的

首を温めると、全身をめぐる血液を

効率的に温めることができます。

体温がアンバランスになってしまっている

頭部と体をつないでいるのは、

他でもないこの「首」ですからね!

肩が凝っていると頭痛やイラつき、

自律神経の乱れに繋がりやすいので、

そういう意味でも首を温め、

ほぐすのがおすすめ。

おすすめは肩用の「あずきの力」。

レンジでチンして温めて、肩に乗せるだけ。

適度な重さがあり、

安心感があってリラックスできますよ。

体全体の血流を良くするため、姿勢改善を目指す

姿勢の悪さは背骨から首の血流を阻害し、

頭部との温度差の原因になりやすいです。

といっても、姿勢の悪さを

意識から変えていくのは大変難しいので、

バランスボールがおすすめ。

背もたれがなく、

きれいな姿勢じゃないと座れないので、

自然と姿勢が良くなっていきます。

インナーマッスルを鍛え、

おなかも締まるといううれしい効果もありますよ。

まとめ

以上が、ただの冷え性とは違う

「冷えのぼせ」についての情報でした。

冷えのぼせはイライラなどの気分的な症状まで出てくるので、

ただでさえつらい冷え性が余計につらくなります・・・。

「体が冷えているのが原因だ!」と

暖房の温度を上げたり、

長風呂したりしても治らないので、

注意してくださいね!

誤解されやすいので、

周りに同じように冷えのぼせの症状の人がいたら、

ぜひ教えてあげてください♪