ヨガの温め効果が冷えにいい3つの理由と2つの注意点

「冷え性で困ってる」というあなた、

ヨガに行った経験ってありますか?

流行っているとはいうけれど、

本当に効果はあるの?

と半信半疑になってしまいますよね。

また、普通のヨガよりホットヨガの方が効き目があるの?

とか、そもそも違いはなんなの?

ってことが疑問だったりして、重い腰を上げられないことも。

今日はそんな悩みを解決するため、

「ヨガとホットヨガの違い」

「冷え性に効果があるかどうか」

についてまとめてみました!

始めるにあたっての注意事項もありますので、

ぜひ目を通してみてくださいね。

ホットヨガってヨガと何が違うの?

ヨガは現在、多くの流派にわかれています。

基本的に「決まったポーズを取る」

というのがヨガなんですが、

体だけではなく心のデトックスも行うのが特徴。

呼吸を意識して、心身のバランスを整えていきます。

ではその中でもホットヨガは何が違うのか?というと・・・

ずばり名前のとおり、「ホット」だというところ。

何がホットかというと、「部屋が暑い」から

ホットヨガなんですね。

室温を40度付近に調整してある部屋で

ストレッチを行うようなものですから、

汗がだらだらと出ます。

サウナよりも温度は低いですが、

カラカラのサウナと違って

湿度も調整されているので、普通に暑いですよ!

スポンサードリンク

ホットヨガの効果って?冷え性には効くの?

そんなホットヨガには以下のような効果があります。

・脂肪を燃焼する

・新陳代謝をよくする

・体を柔らかくする

脂肪を燃焼する

設定温度が高いことにより心拍数が上がりやすく、

有酸素運動に近くなります。

同じポーズを取るのでも、

普通のヨガよりも運動効果が高く、

ダイエット効果が高いといわれていますね。

新陳代謝をよくする

脂肪の燃焼により汗をたくさんかきますので、

デトックス力は抜群。

びしょびしょになるほど出る汗に、きっと驚くことでしょう。

体を柔らかくする

寒いときより暖かいときの方がストレッチはしやすいですよね。

体がほぐれた状態になっているので、

ポーズも取りやすく、無理に筋を伸ばすようなことに

なりづらいというメリットがあります。

以上の効果って、冷え性にはまさにぴったりなんです。

凝り固まっている体をほぐし、血行を良くすると、

末端まできちんと温まるようになります。

また一時的に体がポカポカするだけではなく、

新陳代謝をよくすることで、

冷えにくい体質を作ることができます。

体が冷え切っていると、

体の老廃物が溜まった状態になってしまっていますが、

それをデトックスしてくれます。

だからホットヨガは冷え性の人におすすめ!

と言われているんですね。

ホットヨガを始める上で気を付けたいところ

これだけ効果があるので、

ずばり今すぐ薦めたいところですが、

気を付けたいところが2つあります。

・費用がかかる

・意外に時間をとる

費用がかかる

数多くのヨガスタジオが開かれていますが、

いずれも費用がかかります。

月額制度のところが多いのですが、

レッスン料だけではなく別費用が発生するケースがあります。

マットを購入・レンタルする必要があったり、

水分補給用の水代やロッカー・シャワー代が

かかるところもあったりするので、

意外にかさんだりするんですね。

安いチラシなどを見ても、実際にいくらかかるのか?

ということはきちんと調べるようにしましょう。

意外に時間をとる

レッスンの時間が30分や1時間でも、

水分補給、着替え、シャワーなどを含めると結構時間がかかります。

家から離れている場所だと、半日弱使ってしまうことも。

ヨガに行ってそのまま遊びに行って・・・

という休日を過ごそうとしたら、メイク直しの時間も必要です。

「レッスンの時間は短いから」と思っていると、

意外に面倒くさいな・・・

と思って行かなくなってしまったりするので、

無理なくできるかどうか、始める前にイメージしておきましょう。

まとめ

以上、冷え性改善のためのホットヨガに関する情報でした。

時間と費用はかかりますが、それだけの効果があるホットヨガ。

冷え性以外にも、心身のバランスを保つ効果があり、

多くの女性から支持されています。

ぜひ上手く活用して、リフレッシュしつつ冷え性を治していきたいですね♪