冷え性なのに汗かきの人必見! 改善への近道は○○をすること!

冷え性といえば、文字どおり体が冷え切ってしまうこと。

それを治すためには体を温めたいところなのですが・・・

実は、冷え性の人は汗かきであることも多いんです!

・寒いときは冷え性がひどい

・手足はカチカチに冷たく、動かなくなってしまう

・けれど汗っかき!

・動いたり少しでも厚着したりするとすぐに顔やワキに汗が・・・

・汗が恥ずかしくて、冷え性なのに体を温められない!

こんな悩みをお抱えの方、多いと思います。

手足は冷たいのに温められないし、つらいですよね。。。

今回は、冷え性の汗かきについてまとめていきます。

「なぜ冷え性なのに汗をかいてしまうのか」ということから

「どうやったら治せるのか」

を考えていきましょう!

なぜ体は冷えやすいのに汗をかくの?

この疑問、気になりますよね。

「汗を掻いているなら、体が温まっているはずなんじゃないの?」って。

その答えとしては、

「汗はたくさんの運動によって出ているとは限らない」となります。

もちろん運動すれば汗は出ますし、

暑いときも汗は出ます。

ただ、「緊張している時の手汗」や、

「冷や汗」は、それらとは違いますよね。

このような汗っかきの原因は、

「交感神経が過敏になってしまっている」

というところにあります。

スポンサードリンク

交感神経ってよく聞くけどどんなもの?

神経って言われても小難しい・・・

って思っちゃいますよね^^;

でも、

・交感神経がはたらく→活動的なイメージ

・副交感神経がはたらく→リラックスのイメージ

と考えると、意外に覚えやすいですよ!

交感神経は、運動していたり、

緊張していたり、疲労しそうな

エネルギッシュな活動をしているときに活発になります。

対して副交感神経は、

休憩していたり、寝ていたり、

心身を休めているときの

穏やかな活動の時に優位になります。

このうち、汗を分泌させるのは交感神経の働きです。

交感神経のはたらきは、冷え性に関係あるの?

答えは「大あり」です!

冷え性とは単純に体が冷えきることではありません。

クーラーで体が冷たくなっただけのことを

冷え性とは言わないですもんね。

冷え性は、内側から「冷えやすい」原因を

作ってしまっているんです。

その原因というのが自律神経の乱れ。

この自律神経こそ

「交感神経」「副交感神経」

の正体なんです。

自律神経は交感・副交感が切り替わるようになっているんですが、

二つの神経がうまく切り替わらずにバランスが崩れると、

心身に悪影響が表れてきます。

冷え性もその影響の一つ。

体のバランスが崩れてきて、

血のめぐりや体温の調節といった機能が

上手く働かなくなってしまうんです。

冷え性で汗っかき!どちらも直すには?

ここまで見てきたように、冷え性と汗っかきには

「自律神経の乱れ」という特徴がありました。

あなたがこの二つに困っている場合、

普通の冷え性対策だけではなく、

自律神経のはたらきを

正常に戻すための対策を取ることが大事です。

自律神経のバランスを正すには、

「交感神経」「副交感神経」を

バランスよく切り替えることが大事。

つまり、規則正しいメリハリのある生活

というのは基本にして最重要です。

・栄養バランスの良い食事

・食べ過ぎない

・適度な運動

・リラックスできる時間

・きちんとした睡眠

こんなに基本的なことですが、

人間が生きる上で、

自律神経のバランスを良くするためには必要不可欠です。

また、自律神経のバランスが崩れている人は、

緊張・疲労に晒されている時間が長いことがほとんど。

入浴時間を気持ち多めにしたり、

寝る前にテレビやスマホを避けたりして、

リラックスの時間を意図的に長くとるようにしましょう。

まとめ

以上、冷え性の汗っかきについてのまとめでした。

「汗が染みてて人に見られるかも」

「におったりしたらどうしよう」

と思うと、周りの目が気になってつらいはず。

でも不安に思ったり、焦ったりすると、

その汗は更に悪化してしまいます。

人への気配りができるあまり、

過剰に気にしすぎてしまっている、・・・

ということも多いので、

冷静に、客観的になれると良いですね。

まずは「規則正しい生活」、

そして「リラックスできる時間を意図的に確保」。

今日からできることなので、ぜひ試してみてください!