むくみ体質を簡単に変える裏ワザ!もう足はパンパンにならない

足のむくみ辛いですよね。

日常生活の中で、こんな悩みはないでしょうか?

・立ち仕事なので足が夕方にはパンパン

・長時間座っているだけでもむくむ

・ひどい時は足の先までむくみ痛みもでる

むくみの原因は、余分な水分 が体の中から出れなくなっていることです。

人間の体の60パーセント以上は水分で占められています。

ですから、生きている上で水分はとても大切です。

でも多いからといって良いわけではないんですね。

時間が経つと足がむくむのは、上半身にある余分な水分が、徐々に下へ下がり溜まっていくからです。

つまり、むくみに悩む人は「水分を取りすぎ」なんです。

そしてその水分を、上手く排出できなくなっているのです。

むくみを放置すると、パンパンに膨らんだ足は、そのままの形に大きくなってしまいます。

一度膨らんだ風船みたいに、伸びてしまうんですよ。

むくみを起こすのは冷えが関係している

実はむくみがよく起こる人は、体が冷えています。

お腹に冷えがあると、汚れてしまった血がその部分に停滞します。

東洋医学の世界では、汚れた血を「瘀血(おけつ)」といいます。

仰向けに寝て、お腹を右手の指4本で、ギューっと押してみてください。

その時指に「ドクン、ドクン」と響いてきたり、鈍い痛みがあったら、瘀血が溜まっている証拠です。

お腹に停滞したお欠があると、足に降りていった水分がそこで止まり、戻ってこれずに足に停滞します。

これがむくみです。

むくみに悩む人は、ほぼ間違いなく冷えがあります。

スポンサードリンク

ダイエットにもむくみは影響する

むくみがある人は、ダイエットにも影響します。

女性の太り方はほとんどが水太りと言われているからです。

むくみがある⇒体が冷えている

体が冷えている⇒代謝が下がる

代謝が下がる⇒老廃物や水分を上手く外に出せない

こんなループにハマると、頑張っても体重が減りません。

余分な水分や老廃物を、溜める一方になってしまいます。

ペットボトルの水を飲み過ぎると、体が冷えてしまうので、水分を摂るときは温かい飲み物から摂るようにしてみてください。

むくみを簡単に解消する裏ワザ

むくみを解消するには、体に溜まった余分な水分を体外に出すことです。

利尿を良くする、汗をかくなどが効果的です。

・利尿効果のある食べ物や飲み物を積極的に摂る

・運動や入浴で汗をかく

これらのことを試してみてください。

よろしければ、以下の記事も参考にしてください。

参考:老廃物を出す食べ物一覧|毎日の食事で体の中をキレイに

瘀血を取る簡単裏技

真夏の暑い季節に、座って仕事をしていて、足のむくみがひどかったとき、

はじめて「私の体は冷えている 」と自覚を持ちました。

お腹を押すとすごい勢いで「ドクン、ドクン」と脈を打っていました。

お腹を触るととても冷たかったです。

だから、私はいつもお腹にレンジで温めるカイロをつけて、温めながら仕事をしています。

こうすると、座っていても足のむくみ方が全然違います。

多分温めたことで、滞ってた瘀血が流れ、水分も流れたからだと思います。

仕事中出来そうな人は、やってみてくださいね。

肝臓を温めると代謝アップ

会社は出先では、使い捨てのカイロで温めるのが便利です。

貼るタイプなら、放置できますよね。

使い捨てカイロは、私のようにお腹に貼るのも良いですが、肝臓のある部分に貼るのもオススメですよ!

肝臓は、代謝が起こる時に発生する熱が起きる場所です。

ここを温めることで、代謝は更にアップしていきます。

具体的な肝臓の場所は、おへそから見て右斜め上あたりです。

その部分にカイロが来るように貼ってみてください。

背中側からも挟むように張るとなおいいですよ。

まとめ

・むくみがある人

・今まで水を飲んでも太った感じがしていた人

このような人は、余分な水分を出すだけで体が軽くなり、むくまなくなります。

痩せたいと思っている人も、体をまず温めて、余分な水分を出してみてください。

あんなに大変だったダイエットが、簡単に成功するかもしれません。

女性は「冷えているだけ」で、むくみのほかにも、様々な症状に悩まされることになります。

今ページでご紹介した方法を参考にしていただき、水を溜めない、むくまない体を手に入れてくださいね!