水虫の根本治療のヒント|薬よりもたった1つのアレが必要

女性でも、最近では水虫に悩む人が増えました。

・なんだか不潔と思われそうでイヤ

・サンダルを履くのが恥ずかしい

・治療しているのに治らない

・爪にまで症状が出てきた

あなたもこんな悩みを抱えていませんか?

水虫は治りにくいと言いますが、それでも根本治療をして、自信をもって脚を出せるようになりたいですよね。

大好きな人と親密になっても、に移してしまわないか心配もあります。

でも大丈夫!

水虫になりやすいのにはちゃんと理由があります。

その理由を改善していけば、白癬菌に負けない肌作りができますよ!

水虫にかかる人とかからない人の違い

薬もいまは良いものがあるようですが、実は水虫の菌(白癬菌)は足についても感染する人としない人がいます。

その違いは、体の中の水分量です。

水虫の原因の白癬菌が活発に活動するためには、水分が欠かせません。

白癬菌はカビの一種なので、湿気等水分があるところが好きです。

体に水分を多く抱えている人の方が、水虫のリスクは高いのです。

水虫が足の裏や指と指の間など汗をかきやすく、湿っぽくて暖かい場所に発生するのはそのためです。

ひどくなる季節も、湿度の多い梅雨時や夏の気温が高い時が多いですよね。

そして、人の皮膚や爪などのタンパク質を栄養源として、繁殖していきます。

水虫にかかると、皮膚に穴があいたようになるのは、皮膚を餌にされて食べられてしまったのでしょう|゚Д゚)))

スポンサードリンク

実は女性の方が水虫のリスクが高い

私の周りにも「水虫なんだよね~」なんて言っちゃう女性は一人もいません。

でも女性は人知れず水虫に悩んでいることが多いです。

そして、実は女性の方が、水虫になりやすい環境が揃っているのです。

それは、女性は「冷え」を抱えていることが多いから。

冷えと水虫が関係しているなんて不思議ですが、本当なんです。

白癬菌が好む水分が多い

女性は冷え性の人が多いですが、その冷えが原因で、体の中の水分がうまく排出されず溜まっています。

ペットボトルの水をマメに持ち歩いて飲んでいませんか?

水分を摂っても、運動したり入浴して汗をかけば良いのですが、普通の生活をしているだけじゃ、そうそう排出されません。

冷えていると血行も悪く、代謝も落ちているので、水分は溜まり放題です。

特に、

・お腹からぽちゃぽちゃ音がする

・おへその上と下の温度が違う(下が冷たい)

・いつも手足が冷えている

こんな人は、水が溜まって冷えています。

そして、その水分を利用して、白癬菌は活発になります。

水分を摂るなら、

・体を冷やさな温かいものを飲も

・水ではなく白湯にする

これらにすると体が冷えません。

冷えによる免疫低下も原因に

もう一つ、冷え性の女性が水虫にやりやすい理由があります。

冷え性の人は、血液の流れが悪いので、本当は運ばれるはずだった酸素や栄養が、細胞に届きにくくなっています。

また、血液が回収するはずの老廃物も上手く回収できていないので、血液の中に流れ、汚れています。

すると、白血球の数も減り、体の免疫機能は低下します。

当然皮膚の免疫も低下するので、白癬菌に感染しやすくなってしまうのです。

水虫の根本治療は冷え性改善

以上のことから、水虫を根本治療したいなら、まずは冷えを取り、体に余計な水分を溜めないようにしましょう。

水虫にかかっている人の大半は、日ごろから水分をよくとっているという共通項があります。

ですから体の中の水分が少なくなれば、それにつれて水虫も治まってきます。

・水分を摂りすぎない

・温かい飲み物で体を冷やさない

・運動や入浴でいらない水分を出す

これらを気をつければ、水虫も良くなっていきますよ!

「病院で薬をもらって治療してもなかなか良くならない」

こんな人は、ぜひ体を温め、冷えを改善し、体にたまった水分を追い出してくださいね。

まとめ

冷えが水虫に関係しているなんて意外ですよね。

私もはじめて知ったときは驚きました。

でも、試す価値は十分にあると思います(^O^)